2019年の太陽光発電動向予測記事

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
723
Pocket

日経XTECHに2019年太陽光発電の動向を予測する記事がありました(太陽光発電市場――2019年の展望~市場規模、政策、ファイナンスの動向)。太陽光全般について客観的に纏められていて参考になりました。

まず昨年についてですが、太陽光に対しての政策が規制方向に変わってきましたので酷い年だったという人もいますが、私はむしろ太陽光が適正化されたなと思っています。おそらくFIT以前から太陽光に従事していた人達にはそのように感じている人は多いと思います。この記事でも、「太陽光発電が適正化される」と書いてあり、その点でも、この記事は信頼できるなと思いました。

 

ただ、昨年は適正化と言っても政策の変更までなので、それが効果を発するのは今年からです。未稼働案件の買取り価格を適正化できるか、違法設置・悪質設置などの太陽光発電所に対して認定取り消しを行えるか、・・・これらを本当に行わないと意味ないですからね。このような太陽光の評判を下げている事業者を少なくしていくのが、これからの課題です。ね。

 

また、今年はいよいよ2019年問題の年です。既に卒FITのユーザーに対して市場競争での買取り価格(8~10円/kWh)の提示や、自家消費を狙った蓄電池の営業が昨年から始まっています。卒FITの買取り価格は良いレベルだなと思いますが、蓄電池は相変わらず高いですね。卒FITユーザーへの市場競争で、少しは蓄電池の価格も下がるのではと私は期待しているのですが、甘いですかね。まぁ、卒FITが始まるのは11月ですから、その効果が出てくるのは2020年以降かもしれません。

 

上記の記事にはこれらの問題をはじめ、OMやファイナンスなど包括な動向予測が書かれています。時間があれば参考に読まれると良いと思います。

 

 

Pocket

登録13,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

アフリカの太陽光発電

著者名:
Tomatosoup

メガ発読者の皆様は日本の太陽光事業に興味があるでしょうから、それに関する話をアップしていますが、たまには毛色の違う話も面白いかと思い、途上国太陽光の話…

続きを見る→

このコラムニストの記事