PV EXPOに行ってきました

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
160
Pocket

少し遅れましたが、今年も相変わらずPV EXPOに行ってきましたので、その印象を報告します。

DSC_0028

まず私が一番興味を持っているパネル関係では、日本のメーカーで出展しているのがシャープだけという寂しい状況でした。今やパネルは中国の独断場で、日本のメーカーはもうあきらめているのでしょうか。パネルの技術についてはもう煮詰まっているのかもしれませんが、細かいところで技術の進展は見られました。まずセルを重ねるように並べたパネル。下図のイクリプスモジュールと書かれている図がその説明です。

これは、インターコネクタを使わずにセルの裏面の端を隣のセルの表面の端に重ねて直列接続していく方法です。もう何十年も前にこの技術は公表されていますが、やっと製品化されたのですかね。何社かからこのモジュールが出されており、ちょっと感慨深いです。他にはハーフカットセル、マルチバスバー、両面セルなど細かい工夫のパネルが随分と増えました。見た目もちょっと変わってきましたので、なんとなく進歩した印象は受けました。

 

太陽光発電所の販売もいくつかありました。私はもう発電所を作る予定は無いと書きましたが、自宅近くで良い案件があれば購入を考えても良いと思っていました。良い案件はありませんでしたけれど・・・。

 

あとはメンテナンス機器やモニタシステムの使い勝手が少しずつ改良されて、少しずつ安くなっているような気がしますが、どちらも自分が使っているものに満足していますので、様子を見るだけでした。

 

ということで、来年も展示会には来ようと思っていますが、できれば日本のメーカーのもう少し元気な姿を見たいところですね。

 

Pocket

登録13,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事