太陽光発電側が基本料金を払わされる!

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
407
Pocket

FITの抜本的見直しの中で、買取り方法がFIP型になるという話は既に報告した通りです(太陽光FITの抜本的見直し)が、実は抜本的に直しには「発電側基本料金の導入」というものもあって、それが先日発表されたようです(太陽光への「発電側基本料金」、FIT単価27円以下は「免除」に)。

まず、基本料金と言うのは発電所側が電気を売るために支払う一定の料金のことで、発電規模(kW)に比例して決めるようです。これは、これ以上再エネ導入するためには系統の増強が必要となり、それに必要な資金を確保するために考えられた方法のようです。

 

ある程度、こういうものは仕方がないかなと思っていましたが、今回の発表を見て驚いたのは、「買取り単価が27円/kWh以下の発電所については基本料金を免除する」という点です。さすがにこれは論理の飛躍があり、問題になりそうですね。

 

記事にありますようにFITは「当初3年間ほどは確実に利益を得られる」利潤配慮期間を設け、この期間の買取り価格は高めに設定されました。既にFITの賦課金を国民から集めるのは限界に近く、また最近のような買取り価格の低い事業案件から新たに資金を集めるのも難しい現状では、今回の基本料金をこの利益配慮期間の認定案件から取ろうというのは自然な成り行きかもしれません。

 

しかし、この利益配慮期間は経産省が公言して設けたものなので、その案件だけから基本料金を取るというのは、「やっぱり利益配慮はやめる」と言っているみたいなものです。不満が残りますね。

 

さて、記事を見ただけでは基本料金がどれぐらいになるか判りにくいですが、下の表を見ると年間1800円/kWなので、50kWなら年間9万円支払うことになります。kWあたり一年間に1200kWh発電すると考えると、1kWhあたり1.5円、つまり買取り価格が1.5円下げられるようなものです。

これぐらいなら仕方がないかな・・・、というような微妙な額ですが、やはりお上がいったん決めたものを後から取り消すようなやり方は問題ですよ。これは各方面から指摘されると思いますよ。何らかの緩和措置がなされるのではないでしょうか。甘いかな・・・。

 

Pocket

登録13,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事