ああ、パナソニックが太陽電池から撤退!

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
1085
Pocket

あのパナソニックがとうとう太陽電池事業から撤退することになったようです(パナソニック、太陽電池撤退、スマートシティ注力)。太陽電池製造販売の事業から撤退しますが、スマートシティのような発電事業の方は継続するということです。従って、これまで出荷された太陽電池のサポートの方は大丈夫でしょう。

パナソニックの太陽電池と言えばサンヨーの時にアモルファスやHITで世界をリードする技術を持っていたのですが、それが撤退というのは寂しい限りです。どうも太陽電池の技術というのは意外に付加価値が低く、世界をリードしたと言っても、結局は大量生産・低価格攻勢に負けてしまう程度だったということなのですかね。ただ、一部の中国のメーカーがHITの技術を使っているようなので、技術自体は残っていくようです。

 

残っている日本のメーカーは京セラやシャープ、ソーラーフロンティアぐらいですが、これらの会社もなかなか難しいようです。これからは殆ど中国製の太陽電池になっていくのでしょう。中国の太陽電池と言っても、トップメーカーのものは高品質で信頼性は高いようですが、日本国内でのサポート体制が不十分なのがちょっと気になります。パナソニックの国内サポートネットワークなんて凄いですからね。まぁ、太陽電池自体はそうそう壊れるものではないので、あまり気にしなくても良いのかもしれません。

 

しかし、呑気に構えていると、中国も日本国内のサポート体制を強化して発電事業にも乗り込んでくるかもしれません。これからは再エネの時代ですから、日本の会社にはぜひ頑張ってもらいたいものです。

 

Pocket

登録16,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

最近の話題3件

著者名:
Tomatosoup

太陽光発電もブームが去ったせいかニュースが少なくなってきましたが、最近、ちょっとした話題がありましたので紹介します。   低圧太陽光…

続きを見る→

このコラムニストの記事