2021年1月の私の野立て発電所の発電実績

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
911
Pocket

2021年1月の私の野立て発電所の発電実績を報告します。

 

  • 発電所データ
    場所:茨城県筑西市
    容量:太陽光パネル60.48kW、パワコン49.5kW
    売電:税抜36円(2016年からエナリスに37.5円で売電)

 

  • 1月の毎日の発電実績

1月の各日のパネル1kWあたりの発電実績です。月平均では2.567kWh/kW*dayとなりました。設備利用率(月平均の2.567kWhを24時間で割ったもの)は10.7%で、ぎりぎり10%台を維持しましたが、あまり良い値ではありませんでした。

 

 

  • 月平均の1kWあたり一日発電量の経過。赤点が先月の値

前述の月平均kWあたり一日発電量のこれまでの経過のグラフです。先月は良い天気が続いたと思っていましたが、これまでで一番成績が悪かったようです。

 

 

  • 投資回収率。

現在検針票の届いている2020年12月までの78か月間の売上実績で見ると、投資回収率は93.0%です。このペースで行くと、単純計算では今年の6月頃には100%回収となります。保守などの経費が掛かっているので、実際の投資回収は1-2年遅れると思います。

これまで1年間でどれぐらい投資回収されているか見てみました。次の通りです。

  2015年  14.5%

  2016年  14.3%

  2017年  14.6%

  2018年  14.4%

  2019年  14.0%

  2020年  13.8%

大体、年に14%ぐらいの割合で回収が進んでいます。金額的にはちょうど300万円/年になります。この発電所はパワコン50kW、パネル60kWなので、

  パワコン1kWあたり6万円/年

  パネル1kWあたり5万円/年

の成績となっています。稼いでいるように見えますが、昔は設備も高かったので(約2100万円)、この成績が良いのか悪いのか良く判りません。皆さんのところではどうでしょうか。

 

Pocket

登録16,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

最近の話題3件

著者名:
Tomatosoup

太陽光発電もブームが去ったせいかニュースが少なくなってきましたが、最近、ちょっとした話題がありましたので紹介します。   低圧太陽光…

続きを見る→

このコラムニストの記事