【業者比較2/2】業者間でのシミュレーション予測と実際の収入は?!~実際の収入編~

著者名:
Solar1011
公開日:
閲覧数:
1063
Pocket

皆さんこんにちは。Solar1011です。

今朝、庭の手入れをしていたらハチに刺されてしまい病院に行ってきました。まさに泣きっ面にハチです。今日は安静ということで、自宅でコラムを執筆しています。

さて、直前のコラムでは、1年が経過した業者Aと業者Bのスペックとシミュレーション予測について執筆いたしました。

今回は、恥ずかしながら、まさに皆さんが興味のある実際の収入比較をします!!

実際の収入は¥○○○?!

 最初の3か月は、業者Aの収入総額は、業者Bに対して1.23倍(=業者Aの収入総額÷業者Bの収入総額)の663,826円でした!!売電金額や発電容量が業者Bよりも業者Aの方が高いため、この程度の収入の違いはでることかなぁ?!と自分を納得させました。

・業者A:7月:211,128円、8月:242,197円、9月:210,501円=663,826円

・業者B:7月:168,165円、8月:211,147円、9月:159,563円=538,875円

 

 次の3ヶ月は日射量の少ない秋に突入したこともあり、全体的に収入総額も低下傾向にありましたが、業者Aの収入総額507,883円は、業者Bの収入総額の何と1.5倍にもなったのです。

 エリアも違うし、パネルメーカーも違うので・・いやいや業者Bの収入では信販会社からの借り入れ(借入額2,000万円、期間15年、金利2%ちょっと)返済に対して持ち出しになってしまうのです!!

 売電価格が、業者Aの方が、業者Bに対して107%なので7%程度、及び発電容量が10%程度違いますので、合計15%~20%の収入の差であれば許容できますが、ここまで差が広がるとは想定外でした。

 早速、この事実・Factをもって業者に改善を打診した所、時間によっては影となるフェンスの高さや、道路を超えた先の木を伐採するなどの対策を取る約束を取り付けました。

・業者A:10月:155,785円、11月:186,604円、12月:165,494円=507,883円

・業者B:10月:111,449円、11月:126,087円、12月:102,118円=339,654円

 

 12月をボトムに、今年の1月以降改善の兆しが見え始め、業者Aが686,189円、業者Bが464,780円にまで復活!!ただし、引き続き業者Aの収入総額は、業者Bに対して1.48倍と大きな差があるという驚愕の事実は変わりません。

・業者A:1月:187,137円、2月:224,251円、3月:274,801円=686,189円

・業者B:1月:132,678円、2月:159,592円、3月:172,510円=464,780円

 

 そして、そして4月からは業者Aは20万円台の大台に戻り、3ヶ月合計780,211円となりました。業者Bも改善の傾向が見受けられるものの、引き続き業者Aの収入総額は、業者Bに対して1.28倍と高い状況が続いています。

・業者A:4月:243,481円、5月:307,155円、6月:229,575円=780,211円

・業者B:4月:188,840円、5月:236,604円、6月:182,920円=608,364円

 

 この結果、年間の収入は業者Aが2,638,109円、業者Bが1,951,673円となり、業者Aの収入は業者Bの1.35倍でした。さて、各業者のシミュレーション予測と実態を記すと、業者Aはシミュレーションに対して109%、業者Bは97%と雲泥の違いです。

 

 この違いは何なのか?過積載をした方が良いのか、エリアによるのか、パネルメーカーによるのか、、、

 はい、深くは追及しません。

 

 確実に言えるのは、各業者によってシミュレーションと実態がことなりますので、くれぐれも業者のシミュレーションを鵜呑みにして信じないでください!!

 ここまでお読みいただき有難うございました。

Pocket

最新記事

このコラムニストの記事