経済産業省からの「指導」への対応で困ったこと

著者名:
サムライ大家
公開日:
閲覧数:
3054
Pocket

こんにちは。サムライ大家です。

 

前回のコラムの続きです。

 

前回のコラムでは、経済産業省から太陽光発電所の設置費用報告について「指導」の手紙が届いたことをお伝えしました。

 

サムライ大家の所には、個人所有の4基に対して手紙が届きました。

 

前々回のコラムでアナウンスしたタイミングで対応していた(つもりだった)のですが、手紙が届いてしまいました。

 

この4基、実は設置費用報告を行っていない状態のままでして、慌てて施工業者に連絡して電子申請での報告をお願いしました。

 

ただ、この4基については私の方で8月初旬に運転費用報告を入力していました。設置費用報告していないと運転費用報告もできないものと思い込んでいたので、当然設置費用報告は完了しているものと勘違いしていたのです。

 

つまり、指導の手紙が届いた時、この4基の電子申請のステータスは、

設置費用報告:未入力

運転費用報告:審査中(保留中)

となっていたのです。

 

そして、この状態のままでは、設置費用報告ができませんでした。

 

どうやら、運転費用報告の審査が完了するまでの間は、設置費用報告の入力を受け付けてもらえないようです。

 

業者と相談した結果、せっかく入力した運転費用報告を泣く泣く取り下げてもらい、先に設置費用報告を完了させることにしました。

 

運転費用報告の入力内容はHTMLデータをPDF化して保存したので、設置費用報告が受理された後に改めて入力するつもりです。うーん。なんて面倒なのでしょう。

 

今回の「指導」の手紙は、「はやく設置費用報告してくださいね」「9月20日までに報告しないと認定取り消しちゃうかもよ?」というものです。

 

運転費用報告の受理を待っていたら多分9月20日過ぎちゃいます(8月10日前後に入力した他の発電所の運転費用報告は1ヶ月半近く経っても審査中のままです)。

 

そのため、運転費用報告を一旦取り下げるのもやむを得ないと判断しました。

 

設置費用報告、運転費用報告の両方を一度にできるようにしてもらえないものでしょうか…。

 

まとめ

 

今回のコラムでは、定期報告(設置費用報告、運転費用報告など)を行う際に困ったこととして、運転費用報告が審査中だと設置費用報告の入力ができないことをお伝えしました。

 

設置費用報告ですが、平成30年9月20日までに完了させる必要があります。未対応の人はお急ぎください。

 

それではまた次回宜しくお願い致します。

Pocket

最新記事

このコラムニストの記事