現金買い投資家に持っていかれた話とそこから得られる教訓

著者名:
サムライ大家
公開日:
閲覧数:
587
Pocket

こんにちは。サムライ大家です。

 

いま1件進めている新規の野立て太陽光とは別に、急転直下で別案件が舞い込みました。

 

18円案件でキャンセルが発生したのでどうかといったものでした。

 

しかし、ここで問題が。

 

営業マン「何名かに紹介する予定です」

 

私「そ、そうですか…、わかりました(心の声:いやちょっと待って。(公庫を想定していたため)よーいドンされたら信販組に負けちゃうよ…)。」

 

資料が準備できたら送りますねと言われ、届いた瞬間に即検討。

 

(現地も確認できないし)いくつか懸念事項はありましたが、この利回りの高さなら全てカバーできるだろうと判断し、ダメ元で信販に打診したい旨を返信しました。

 

その翌日の早朝。

 

営業マン「現金買いの人に買い付けいただきました」

 

私「…。」

 

何とも言えない後味の悪さと言いますか、この手のひらで踊らされた感じが堪りませんね(笑)

 

こちらの施工会社さんは過去に取引のある会社なのですが、専属で付いてくれていた敏腕営業マンさんがついこの間、退職されました。

 

過去の太陽光取引の中で、優秀な人物が二人いたのですが、彼はそのうちの一人でした。

 

彼が担当のままだったら、よーいドンなんてヒドイことせずにキープしてくれたと思います。

 

しかし、新しく担当になった営業マンさんとは電話・メールの挨拶や多少の事務的な依頼だけで、これまで直接会う機会はありませんでした。

 

ここが敗因です。

 

新しい営業マンとの関係作りを怠った自分のミスです。

 

次に同じようなチャンスがあった時のためにも、それを逃すことがないように

 

「この人に紹介したい」

 

と思ってもらえるように努めなければなりません。

 

しかし、このようなときに現金で買えちゃう人は強いですね。

 

まとめ

 

営業マンとの日々の関係作りの大切さが身に沁みました。

 

案件を紹介してくれるだけではなく、まずは自分にだけ案内してしばらくキープしてくれるくらいの信頼関係の構築が、良い案件を手に入れるために大事なことだと改めて思いました。

 

今回の一件を反省して、次のチャンスのためにも関係作りに励みます。

 

逃がした魚は大きかった…。

 

過ぎたことはもう仕方がないので、気持ちを切り替え、まずは目の前の手持ち案件に全力を注ぎたいと思います。

 

それではまた次回、よろしくお願いいたします。

Pocket

登録16,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事