自己資金が少ない人のための太陽光発電投資

著者名:
サムライ大家
公開日:
閲覧数:
1791
Pocket

こんにちは。サムライ大家です。

 

サラリーマンの中には、毎月の給料を配偶者が管理していて、自分は毎月お小遣い●万円で生活している。そんな人もいらっしゃると思います。

 

例えば、毎月3万円のお小遣いしかなかったとすると、ほとんどが消費で消えてしまい、投資に回す余裕はなくなります。

 

なんとか毎月1万円を捻出したとしても、できる投資は限られてきます。株式投資、投資信託、NISAなどで細々と積み立てていく人が多いのではないでしょうか。

 

不動産投資(アパートやマンション)だと、仮にフルローンを組めたとしても諸費用(不動産取得税とか)だけで何百万円~何千万円かかる世界です。毎月1万円の貯金では諸費用を賄うことすら難しい。

 

でも、自己資金が少ない人でも十分検討可能な投資が他にもあります。

 

それは土地賃貸の野立て太陽光発電投資です。

 

信販会社はサラリーマンの信用に応じたソーラーローンを提供していますが、あくまでも設備に対する融資となります。土地代までは融資されません。そのため、土地所有権の野立て太陽光に投資する場合、信販利用なら土地代の自己資金(数十万~300万ほど)が必要です。

 

一方、土地が賃貸の場合、土地代がかかりません(毎年の賃料はかかりますが、それは売電収入で賄うことができます)。

 

そのため、土地が賃貸の野立ての場合は正攻法でフルローンが可能です。土地賃貸であれば不動産取得税もかかりません(司法書士の地上権設定登記費用くらいでしょうか)。

 

頑張って10万~20万くらい貯めれば、十分チャレンジできる余地があります(本当はもう少し貯金して安全に投資することをお勧めしますが、10万あれば買うことは可能かと)。

 

サラリーマンが自らの信用を活かして少額で行うことができるのが、太陽光発電投資のいい所です。

 

いま不動産投資が難しくても、太陽光発電投資なら十分可能性があると思いますし、このご時世、投資信託の積み立てなんかより遥かに良い投資になるはずです。

 

資金不足だけどなんとか現状を変えたい。自分がそのような立場だったら、株式でも不動産でもなく、「土地賃貸の野立て太陽光にフルローン」を選択すると思います。

 

(もちろん、利回りが高いものを探してくださいね!)

 

まとめ

 

資金不足だけどなんとか現状を変えたい!

 

今回のコラムは、「もし自分がそんな状況だったとしたら」という想定で書いてみました。

 

資金が少ない人こそ太陽光投資、とりわけ土地賃貸の野立て太陽光発電所に、信販会社からフルローンを受けて購入する方法がおすすめです。

 

それでは、また次回も宜しくお願い致します。

Pocket

登録15,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事