太陽光発電投資の心理的負債

著者名:
サムライ大家
公開日:
閲覧数:
282
Pocket

こんにちは。サムライ大家です。

 

融資を受けて太陽光発電所を購入すると、資産は増えますが負債も増えます。そして毎月の返済が発生します。

 

しかし、借り入れという負債以外に、実は心理的な負債も出てきます。

 

私の場合は全ての発電所が自主管理なのですが、防草シートを設置済の発電所は一部に過ぎません。

 

この時期(春~夏)は特に雑草がニョキニョキ育ちます。

 

それにも関わらず、今年は恥ずかしながらまだ草刈に行けていません。

 

例年であればゴールデンウィークに遠征に行くことが多かったのですが、今年は自粛の圧力に屈してしまい、まだ行けてないのです。他県ナンバー狩りとかニュースに出てましたし、家族の反対にもあって4月、5月はステイホームでした。

 

ただ、一日一日が過ぎていくにつれ、雑草は成長していきます。しかも梅雨に差し掛かるこの時期、成長スピードが上がります。

 

ここで手当てしておかないと後が大変なのは目に見えています。

 

まさに、

 

雑草の成長=心理的負債の増大

 

だなぁと感じています。

 

この点、管理委託していると心理的負債が増大しないので、大変ありがたいことです。

 

しかし、管理を依頼すると1つの野立て発電所当たり年10~20万円ほどはかかるでしょう。

 

仮に格安の部類に入る10万だったとしても、発電所が10基あれば年120万円かかる計算です。

 

このキャッシュフローの喪失と、心理的負債とを天秤にかかると…。この程度の心理的負債なんて軽いものなんですよね。

 

心理的負債は、なるべく増やさない。増え始めたら早めに返しておくべきです。

 

そろそろ動かないとまずいので、なんとか梅雨の晴れ間を見つけて行ってきたいと思います!

 

あと、おまけですが、個人・法人の領収書整理など事務作業も地味に心理的負債です。少し放っておくとすぐに溜まっちゃうんですよね…。

 

もはやボーッと生きることは許されません(笑)

 

まとめ

 

自主管理している人にとっては、「雑草の成長=太陽光発電投資の心理的負債の増大」です。

 

放置していると心理的負債が増え続け、いつか返せなくなるとき(雑草がパワコンに入り込み、パワコンが故障とか)が来るかもしれません。

 

自主管理する人は、心理的負債を増やさないようにマネジメントする力や、それに耐えるメンタルが必要ですね(笑)

 

それでは、また次回も宜しくお願いします。

Pocket

登録15,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事