カブ

カブ

個人投資家カブです。外資金融20年、昨年、会社より戦力外宣告を受け、現在、セミリタイヤ中。投資と資産運用で月100万の不労所得を目指しています。これまでいろいろな投資を経験してきましたが、「やっぱり、太陽光発電が一番」が口癖。愛車はスバルのサンバー、普段はおとなしい50代のオジサンです。太陽光発電がいかに優れた投資商品であるか、その魅力と実態をわかりやすくレポートしてみます!

現在、運営している太陽光発電所は低圧の3基です。
・三重第一発電所 パネル出力70.4kW(2016年11月購入)
・三重第二発電所 パネル出力70.4kW(2016年11月購入)
・千葉発電所 パネル出力64.0kW(2017年11月購入)

太陽光発電以外の投資ポートフォリオは、不動産系では、旅館業取得の合法民泊と区分賃貸、金融系の資産運用では、国内外の株式やFX等、最近では、仮想通貨とソーシャルレンディングに傾斜。運用実績は、個人ブログでも公開中。80年代バブル期の米国MBA、保有資格は証券アナリスト。

カブ氏の記事