なぜ40円物件がまだ残っているのでしょうか? - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

なぜ40円物件がまだ残っているのでしょうか?

売電単価は、その土地が設備認定を受けた年で決まります。
各年度毎の売電単価は下記となります。

土地付き分譲太陽光の売電単価

※設置容量が10kw以上の場合
設備認定日売電単価
平成28年度24円+税
平成27年度7/1~27円+税
平成27年度4/1~6/3029円+税
平成26年度32円+税
平成25年度36円+税
平成24年度40円+税

詳しく知りたい方はこちら⇒【経済産業省 資源エネルギー庁 買取価格一覧ページ】

まとめ

メガ発でご案内している(現存している)40円物件は全て、平成24年7月~平成25年3月31日の間に設備認定を受けた物件になります。

また、設備認定を取得した年に売電を開始しなくても、一般的にその当時に認定を取得した権利はそのまま残るので、40円物件はいまでもご案内が可能となっています。

この買取価格は国の保証により20年間の固定買取となります。

ただ、以前に『経産省が144件の認定取り消しを発表』の記事でも紹介したように、
設備の値下がりを待って売電開始するような悪質なケースは、経産省より設備認定の取り消しも行われています。

40円物件をお探しの方はこちら⇒https://mega-hatsu.com/feed_in_tariff/40yen/

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄