太陽光発電所の法人融資とバーチャルオフィス

著者名:
サムライ大家
公開日:
閲覧数:
2482
Pocket

こんにちは。サムライ大家です。

 

先日、某信金の担当者と話す機会がありました。

 

サムライ大家「第2法人への法人融資は可能ですか?」

 

サムライ大家は現在2つの法人を持っています。

 

第1法人は現在4期目。信金さんからは第1法人に既に融資を受けています。

 

第2法人は登記は行ったものの、未稼働の状態の法人です。

 

いま手持ちの案件の条件を考慮して、実績ゼロの第2法人への融資可能性も聞いてみたのです。

 

すると、「第2法人への融資も可能です」とのことでした。

 

なぜなら、「サムライ大家個人、第1法人、第2法人全体の中身を考慮して融資の可否を判断するから」だそうです。

 

第1法人は少しずつ実績を積んでおり、そろそろ第1法人と個人とを切り離して審査してもらえる可能性が出てくる頃かな~と考えていました。

 

そのため「全体で判断する」との言葉にはちょっと残念な気持ちになりました笑

 

まぁ、次でようやく黒字決算だと思うので、第1法人単体で判断してもらえるようになるまで、もう少し我慢かもしれません。

 

ただ、その際に気になることを言っていました。

 

「ただし、第2法人が『バーチャルオフィス』だと審査でマイナスになってしまいます。第2法人の住所はご自宅ですよね?」

 

どうやらバーチャルオフィスは余り宜しくないようです。

 

もちろんバーチャルオフィスでも特段問題ない金融機関もありますが、今回の信金さんのように評価が下がるケースもあるようです。

 

サムライ大家の場合は、第1法人住所=第2法人住所=自宅住所であり、バーチャルオフィスを活用する機会もなかったので特に影響はありませんでした。

 

不動産投資で流行っていた1法人1物件スキーム等が問題視されつつある今、以前と比べて「バーチャルオフィス」への風当たりは強くなってきたのかもしれませんね。

 

まとめ

 

ある信金の太陽光融資のケースですが、新設した第2法人への融資もOKのようです。

 

但し、バーチャルオフィスは評価が下がることもあるみたいです。

 

法人住所が自宅でも問題ない人は、バーチャルオフィスではなく自宅と同じにした方が無難かもしれませんね。

 

それではまた次回宜しくお願いいたします。

Pocket

登録13,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事