ついに課税事業者から免税事業者に戻ります

著者名:
サムライ大家
公開日:
閲覧数:
1407
Pocket

こんにちは。サムライ大家です。

 

これまで私は個人も法人も消費税還付を受けるために「消費税課税事業者選択届出書」を提出し、課税事業者として過ごしてきました。

 

その中で個人では、最後に発電所を購入してから3年が経過し、ついに免税事業者に戻るときがやってきました。

 

個人で最初に発電所を購入した時からカウントすると、4年を費やしたことになります。

 

課税事業者であるうちは、仮に税込みで年間990万円の売電収入があるなら、そのうちの消費税分90万円を毎年納付しなければなりません。そもそも返済比率が高くなりがちな太陽光投資では、消費税の納税分はかなり大きな影響があります。

 

もちろん最初に消費税還付を受けているのですが、それを再投資のために投入してきましたので、日々の売電収入から消費税分を納付していく形が続いていました。

 

免税事業者に戻れば消費税分の納税をしなくてよくなりますので手元資金が大きく改善します。正直、4年間は長かったなぁ~~~と感じます。

 

ちなみに、表面利回り10%くらいの発電所をフルローンで購入していた場合はマイナスのキャッシュフローとなり、確実に給与収入などから補填が必要になるでしょう。少なくとも3年間補填を継続するのは、なかなかツライところだと思います。

 

キャッシュフローがじり貧になることが見込まれるのであれば、消費税還付金の一部は3年間の補填のために取っておくのが無難なのかもしれませんね。

 

免税事業者に戻すには

 

免税事業者に戻すためには「消費税課税事業者選択不適用届出書」を提出する必要があります。

 

こんな書類です。

 

 

先日、税理士さんからこの消費税課税事業者選択不適用届出書を提出した旨の連絡がありました。

 

法人のほうは免税事業者に戻せるまでしばらく時間がかかりそうですが、個人は変更完了です。ここから投資をさらに加速させていきたいものです。

 

まとめ

 

タイトルの通り、ついに課税事業者から免税事業者に戻るときがやってきました。

 

消費税還付を受けた太陽光発電投資家は皆、このときを心待ちにしていることだと思います。

 

私も待ちに待った瞬間でした(笑)

 

それでは、また次回も宜しくお願い致します。

Pocket

登録15,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事