屋根太陽光の電気料金は、共用部電気料金とは別請求?

著者名:
サムライ大家
公開日:
閲覧数:
360
Pocket

こんにちは。サムライ大家です。

 

所有物件の屋根に載せた太陽光の電気料金の請求が届きました。

 

そこで疑問に思ったのが所有物件の共有部の電気代との関係です。

 

今までは管理会社宛てに電気料金の請求がいき、管理会社経由で支払ってもらっていました。

 

そのため、自分のところに電気代の請求は届いてませんでした。

 

そんな中、屋根太陽光連系により電気料金の請求が届いたのです。

 

むむむ?ちょっと待てよ?この請求って屋根太陽光のパワコン代だけなのかな?

 

それとも共用部の電気代と合算されていて、今後は自分のところにまとめて通知されるのだろうか?

 

もし合算だとすると、管理会社にこれから通知がいかなくなるだろうし、管理会社とその辺り情報を共有しないといけないかも?

 

今回の通知金額を見ると屋根太陽光の分だけのような気もするけど、どうなんだろうか…。

 

正直、判断しかねたので電力会社に電話で確認してみました。

 

すると、

 

「同じ住所地ですが、従来の共用部電気代と、新しい屋根太陽光の電気代は別請求です。」

 

との回答でした。

 

同じ住所だけど2つの契約だそうです。

 

なるほど。どうやら管理会社への連絡は必要なさそうで安心しました。

 

まとめ

 

一棟マンションの屋根に載せた太陽光の電気料金の請求が届き、従来の共用部電気代との関係に疑問を抱き確認したところ、それぞれの電気料金は別請求でした。

 

同じ住所地でも2つの契約になるみたいですね。

 

もし合算請求の場合は、下手したら、自分のところと管理会社のところへ、二重に請求されてしまう可能性も想定しましたが、別請求とのことで安心しました。

 

些細なことですが、少しでも疑問に思ったことは確認要ですね。

 

それではまた次回、よろしくお願いいたします。

Pocket

登録16,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事