某地銀→太陽光借換の回答は…

著者名:
サムライ大家
公開日:
閲覧数:
1473
Pocket

こんにちは。サムライ大家です。

 

個人太陽光の借り換えの件で長らく相談していた某地銀さん。

 

この地銀さんからは4月に11基目の法人太陽光に融資いただいており、半年が経過しました。

 

このタイミングを狙ってちょっと前に打診し、11基目の時の約束(口頭)でもあった積み立て定期の申し込みを完了させていました。

 

9月中旬には結果を報告してくれるとのことだったのですが、なかなか返事が来ず…

 

そのまま半期が終わってしまいました。

 

銀行員さんは半期末で忙しいので下手なプッシュはしないほうが吉です。

 

なので半期開けの10月初日に電話してみました。

 

すると、まだ結論が出ておらず明日お電話しますとのこと。

 

ただ、ちょっと厳しいかもしれないとのこと。

 

そこで状況を変えるべく、消費税還付金の一部を定期預金にする意思がある旨を伝え、後押ししてみました。

 

そして、本日電話が来ました。

 

話を伺うと、

 

・本部があと半年待つようにと言っている(1年分の売電実績を見たい)

・でも、私(担当)としてはなんとかして取り組みたいと考えている

 

後押し(定期預金)の話もして掛け合ってくれたようなのですが、見送りとなってしまいました。

 

ちなみに、今年に入ってこの地銀さんも太陽光への融資が厳しくなってきたそうで、その辺りも今回の判断に影響していそうです。

 

結論としては、1年間の売電実績を積み上げてからの再チャレンジに…。

 

(´Д`)ハァ…

 

思わずため息が出ちゃいました。

 

借り換え希望の個人太陽光6基のうち、どうしても借り換えたい2基分の残債が2500万ほどあります(これでもだいぶ減りました)。

 

こうなったら自己資金をかき集めて一括返済!

 

これも一案ですが、金額が金額なのでちょっとハードル高めです。

 

ただ、借り換えの可能性のありそうな金融機関はすべて過去に打診済なので、これ以上は打つ手が無さそうです。

 

次回打診時の融資可能性を上げるためにも、今年は大人しく自己資金を蓄積するフェーズなのかもしれません。

 

半年後にもし再度NGだったら一括返済プランも本気で考えることになりますし、そのためにも資金蓄積は大事ですね。

 

身も蓋もない話ですが、どうやらひたすら稼ぐしかなさそうです(笑)

 

まとめ

 

某地銀に打診していた個人太陽光の借り換えは、あと半年は様子見となってしまいました。

 

太陽光に前向きだった地銀なのですが、今年に入って太陽光への融資が厳しくなったそうです(関東は、どこの地銀も年々厳しくなるイメージですね…)。

 

半年後に再度打診してOKをもらえる可能性があるのかは分かりませんが、NGだった場合に備えて、今からできる限りの準備はしておきたいです。

 

それではまた次回、よろしくお願いいたします。

Pocket

登録16,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事