注目される50kW未満の低圧太陽光発電 - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

注目される50kW未満の低圧太陽光発電

今までは、50kW以上の高圧の太陽光発電システムが主流でしたが、現在は、土地付き太陽光発電が多くなってきており、低圧の50kW未満のニーズが高くなっています。低圧と高圧の違いはどういった部分になるのだろうか

高圧の太陽光発電設備

高圧の太陽光発電システムと低圧の太陽光発電システムでは必要コストが変わってきます。設置容量でコストが変わるのはあたりまえですが、高圧の場合ですと高圧受電設備のキュービクルや『自家用電気工作物』として分類されますので経済産業省への届け出や法定定期点検が必要になります。

法定定期点検は電気主任技術者によってい行なわなければいけないため、コストがかかります。低圧太陽光発電システムでは、これらの機器や届けで不必要なため、コストを軽減することができます。

高圧の設備を設置するなら

基本的に太陽光発電システムは設置容量に比例して得られるメリットが大きくなります。しかし、高圧の太陽光発電設備を設置するのであれば、ある程度の規模が大きくなければメリットは小さくなります。

例えば、100kW未満であれば、わざわざ高圧にするよりも、2基に分けて低圧の太陽光発電システムとして接続した方がコストが安い場合があります。逆に200kW以上であれば、低圧に区分けして行なうよりも高圧で接続したほうが、低圧一基ごとに必要な機器を設置する必要がないので、コストが安く済みます。

状況によって異なってきますので、あらかじめ販売会社や施工会社に問い合わせておくとより正確な情報を得ることができます。

リスク分散

土地付き太陽光発電システムの大半は、低圧の太陽光発電設備になります。土地付きの場合ですと、高圧で一箇所に太陽光発電システムを設置するよりも、複数箇所に低圧の太陽光発電を所有した方がリスクを分散できる点からメリットがあります。

高圧の太陽光発電設備をご検討の方は、土地付き太陽光発電設備をリスク分散のために考えてもいいかもしれません。

メガ発では、全国の土地付き太陽光発電システムをご紹介しています。ご検討方は、是非ご相談下さい。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄