太陽光ファンドとは? - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

太陽光ファンドとは?

太陽光発電投資や分譲太陽光発電システムは、太陽光発電を検討していない方でも耳にする機会が多くなっています。太陽光発電システム自体、低リスクの投資先としての認識が強いですが、初期費用が高額になるため二の足を踏む方が多いのも事実です。

それに比べて太陽ファンドは、1口10万円程度から始めることが出来る売電事業になります。多くの出資者から資金を集めて、太陽光発電システムを運用して、太陽発電で得た売電収入を元本に応じて配当を受けることができるシステムです。

太陽光ファンドであれば、投資金額を抑えることができる他に、出資後はほとんど手放しに近い形で管理することができます。他の金融商品であれば、常に相場を確認しておく必要がありますが、その必要がないので投資に詳しくない人でも出資しやすい点があります。

太陽光ファンドのリスク

まず、認識して頂きたいのが投資である以上リスクが必ずあると言う点です。太陽発電事業は国が20年間の売電を保証をしてくれているから大丈夫と思いがちになりますが、20年間の売電を保証してくれるからと言って国が投資収益を保証してくれるわけではありません。

リスクとしては、災害リスクや資金の流動性等が上げられます。資金の流動性の面では、解約不可や売買市場がないことがリスクとして言えます。もちろん、資金不足や場所の確保による事業断念等のリスクもありますので、投資元本に割る込む可能性も視野にいれておかなければなりません。

最近のニュースでは下記のようなケースも取り上げられています。

一般の人から資金を集めて太陽光発電の事業を行っている長野県の会社が集めた資金を別の出資者への配当に流用するなどしていたとして、証券取引等監視委員会は、近くこの会社を行政処分するよう金融庁に勧告する方針を固めました。

引用元:NHK NEWSweb 太陽光発電事業の会社 資金を流用か

太陽光ファンドのリスクを抑えるために

注意しなければならないのは、太陽光発電事業が固定価格買取制度があって成り立っているということです。投資する上で、本当に土地を確保できているのかや設備認定は取得していることを確認しておく必要があります。

太陽ファンド自体には、そこまで投資としての知識が必要ないかもしれませんが、ある程度の太陽光発電の知識を持っておくことでリスクを回避することはできます。太陽光ファンドを検討している方は、しっかりと下調べしたうえで検討することが大切です。

また、上記に記したように業者の信用的な問題もありますので投資する企業も慎重に選択する必要がありそうです。もしくは、ファンドではなく、ご自分で太陽光発電事業を始めることでそういったリスクを抑えることできます。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄