太陽光発電は年金の代わりになるのか? - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

太陽光発電は年金の代わりになるのか?

太陽光発電は年金の代わりになる! 「超世代ソーラー」で高齢者のお金を動かせ より抜粋

年金代わりにソーラーを

今、このような設備を購入し、その売電収入を年金代わりに活用しようという個人が増えている。

例えば、ある個人が、退職金やこれまでの貯蓄で2800万円の資金を持っていたとする。これを老後資金として使おうというわけだ。定期預金でも金利は1%に満たないのだから金利収入は無視して考えると、年間200万円ずつ使うと14年でなくなる計算になる。

それでは、この2800万円を太陽光発電に投資したらどうだろうか。50kW型の分譲ソーラーを購入すると。現在の買い取り価格(2013年度:税抜き36円/kWh)のもとでは、年間200万円以上の売電収入があり、しかも、その期間が20年である。

売電収入を年金代わりに

つまり、キャッシュを毎年取り崩して使うと14年しかもたないものが、太陽光発電に投資することによって20年間使えることになる。しかも、グリーン税制による節税分が仮に400万円あるとすると、22年分使える計算になる。

「株の方が良い」という人は筆者の周りにもいるが、成功すれば大きな利益をあげられる反面、失敗して大損ということもある。いわば、ハイリスクハイリターンの投資だ。

その点、太陽光なら買い取り価格が20年にわたり保証されているし、上記のような分譲ソーラーの場合、メンテも完備しているから安全性ははるかに高い。現在の経済情勢のもとでは、ローリスク・ミディアムリターンの投資と考えて良いだろう。

もちろん、土地を持っている人なら、賃借料を払う必要がないので、利益はその分だけ多くなる。また、50kW型だと手が出ないという人には、10kW型から分譲ソーラーが販売されている。

出典:日経ビジネス 太陽光発電は年金の代わりになる! 「超世代ソーラー」で高齢者のお金を動かせ

上記の記事はさまざまなところでも取り上げられており、賛否両論がありますが、2800万円の価格は少々高く設定されすぎています。一時期と比較すると少し価格は上昇傾向ですが、2000~2400万円あたりが現在の相場価格となっています。
全国の分譲太陽光発電物件

また、売電収入も年間200万円以上のシミュレーションとなっていることが多くなっています。

分譲太陽光発電の魅力はリスクの低さがあげられます。また、自己資金に不安がある場合は融資やローンを利用することもできます。基本的に売電額は返済額を上回るので、返済をしながらでもキャッシュリターンを得ることが可能です。

株の他にも不動産投資や駐車場経営などの投資案件はありますが、人口が減っていくことが確実なため、相当な競争となることが予想されます。

ハイリターンは望めませんが、安定的に収益をあげていきたい方に向いているのが分譲太陽光発電です。

メガ発では日本最大級の物件数を掲載しています。あなたの条件にピッタリの分譲物件をご紹介します。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄