分譲太陽光発電の比較のポイント - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

分譲太陽光発電の比較のポイント

価格だけで比較するのは危険

分譲太陽光発電を比較する上で大切なポイントをご紹介します。

1.価格に含まれているものを確認しよう
2.連係日は確定しているか?
3.売電価格はいくら?
4.グリーン投資減税の対象設備か?
5.保証・メンテナンス体制は?

以上が分譲太陽光発電を比較する上で大切なポイントです。
それでは各項目を詳しくみていきましょう。

1.価格に含まれているものを確認しよう

おおよそ2000万円前後が相場といわれている分譲太陽光発電ですが、物件によって含まれている価格が異なるので注意が必要です。基本的には土地代と発電システムがセットとなった価格が表示されています。

価格に含まれるもの
説明価格相場
太陽光発電システム一式パネル、パワコン、架台など
太陽光発電システムを構成する機器一式
1000~1500万円
土地代土地代は「賃貸」と「売買」の2種類
「賃貸」の場合は20年間の賃貸価格
「売買」の場合は土地の買取価格
賃貸:年間10~50万円
売買:30~500万
(規模・期間によって異なる)

ただし、物件によっては別途連係負担金が必要な場合があります。価格が確定している場合はよいのですが、負担金が確定するまでに時間がかかる物件もあるので注意が必要です。他にもメンテナンス費用は別途必要な場合もあり、表示価格だけで判断するとどの物件がお得な物件か判断を誤ってしまう場合があります。

含まれる場合
含まれない場合があるもの
説明価格相場
土地造成費用土地の造成費用が必要な場合
別途費用がかかるケースがある。
規模、現地の状況によって異なるが、
50kWで100~300万円程度が相場
連係負担金
(工事費負担金)
発電システムを電力会社と連系するため、
新たに受電側接続設備を施設するときには、
工事費負担金が必要になります。
0~300万円とかなり幅がある。
価格に含まれていない場合は注意が必要。
保証・補償故障時の保証、自然災害・盗難補償など、
動産補償や売電補償など
年間10万円前後
メンテナンス費用発電システムのメンテナンス費用年/10万~30万円
交渉時の交通費契約時など、対面で交渉をおこないたい場合
旅費・交通費は自己負担となるケースがほとんど
距離、使用する交通機関によって異なる
印紙代・郵送費等契約の締結に必要な印紙代や切手代などは
自己負担となるケースがほとんど
やりとりの回数や契約価格によって異なるが、概ね数万円程度
経産省・電力会社への申請手数料経産省・電力会社への申請は業者が代行してくれます。
その際に手数料がかかる場合があります。
0~30万円と幅広い。業者によって異なる。

メガ発では優良な業者による物件を掲載しております。価格面でご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

2.連係日は確定しているか?

特にグリーン投資減税による一括償却を活用予定の方は、連係日に注意が必要です。現時点では平成27年3月31日までに購入して一年以内に売電を開始していれば適用されるとされています。
グリーン投資減税、一括償却終了の期限は平成27年3月31日です

3.売電価格はいくら?

基本中の基本ですが、売電価格がいくらかは必ず確認しましょう。現在出回っている物件は税抜36円のものがほとんどですが、稀に40円物件がでてくる場合もあります。キャンセル待ちで40円物件を探すのもよいですが、決算との兼ね合いがある場合は冷静な判断が必要です。

4.グリーン投資減税の対象設備か?

全量売電例えば、電気主任技術者の選任を行っている場合(出力量50kW以上の場合)は、
一般的に事業所得になると考えられます。
なお、出力量50kW未満の場合であっても、次のような一定の管理を行っているときなどは、
一般的に事業所得になると考えられます。

①土地の上に設備を設置した場合で当該設備の周囲にフェンス等を設置しているとき
②土地の上に設備を設置した場合で当該設備の周囲の除草や当該設備に係る除雪等を行っているとき
③建物の上に設備を設置した場合で当該設備に係る除雪等を行っているとき
④賃借した建物や土地の上に設備を設置したとき
など
(注)自己の建物の上に設備を設置した場合で特段の管理を行っていないときは、雑所得になります。

グリーン投資減税の適用が認められるためには、フェンスの設置、除草、除雪、賃借した土地への設置など、きちんと事業として設備を運営している必要があります。また、対象となるのは、青色申告書を提出する個人及び法人です。7%税額控除は中小企業のみが認められています。

適用が可能かどうかは、個別の案件によって異なります。必ず所轄の税務署で確認するようにしましょう!

5.保証・メンテナンス体制は?

保証の適用範囲とメンテナンス費用は必ず確認するようにしましょう。また、メンテナンス内容も業者によって異なります。遠隔モニタリング、除草、モジュール洗浄など、どのような内容が費用に含まれているかは必ず確認するようにしましょう。

分譲太陽光発電の比較のポイントのまとめ

物件によって含まれている価格は異なります。特に連係負担金が入るか入らないかで価格は大きく異なるので、必ず契約の前に確認しましょう。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄