2017年度からメンテナンス契約が必須に!?早めの準備を! - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

2017年度からメンテナンス契約が必須に!?早めの準備を!

2017年4月1日のFIT法改正後はメンテナンスが義務化される見通しに

みなし認定案件の取扱いについて ※参照:再生可能エネルギーの導入促進に係る制度改革について

注目の集まるFIT新制度の内容ですが、平成28年6月に経済産業省資源エネルギー庁からメンテナンスを義務化することが公表されました。みなし認定案件に対して「適切な保守管理・維持管理を行うこと」との記載があります。

具体的な内容は開示されておりませんが、対象物件は来年度までに保守管理、メンテナンス体制を整えておく必要がありそうです。

対象となる物件は?

対象は新制度下で認定を受けた案件及び、みなし認定を受けたすべての案件となります。みなし認定案件とは、改正法施行日(平成29年4月1日)において、一部を除いた接続契約が締結済みの既認定案件のことで、稼働の有無にかかわらず、FIT改正法施行日以降は新制度による認定を受けたとみなされる案件を指します。

つまり、今後購入を検討されている方はもちろん、現在稼働中の物件をお持ちの方にもメンテナンスの義務化が適用される見通しです。

※一部、電源接続案件募集プロセス(いわゆる系統入札)に入っている案件には(平成28年10月1日以降に募集プロセスが終了するものを含む)、募集プロセス終了の翌日から6ヶ月間の認定の猶予期間が設定されているようです。

まとめ

現在物件の購入を検討されている方は、前もってメンテナンス内容についてしっかり詰めておく必要がありそうです。また、メンテナンスフリーの発電所を既にお持ちの方は、FIT改正法が施行される前に、早めに保守管理対策を講じておいた方がいいかもしれません。

メガ発が提供している総合メンテナンス▽
売電補償つきの太陽光発電メンテナンス「om’s(オムズ)」

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄