太陽光発電投資と不動産、株、FXを徹底比較! - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

太陽光発電投資と不動産、株、FXを徹底比較!

太陽光発電投資と不動産、株、FXを徹底比較!画像

土地付き太陽光発電と不動産投資(マンション・アパート経営)、株とFXを一覧表で比較してみました。

投資案件土地付き太陽光発電不動産FX
収益性
ローリスク・ローリターン
利回り10%程度
20年間の固定買取

ローリスク・ローリターン
利回り3~10%
競合発生による変化
×
ハイリスク・ハイリターン
×
ハイリスク・ハイリターン
収益保証
保険による発電保証

賃貸保証
×
なし
×
なし
税制優遇
中小企業等経営強化法による
固定資産税の1/2軽減

経費計上化
(所得税・住民税の節税)
×
なし
×
なし
流動性
短期間の現金化に不向き
中古販売が可能

短期間の現金化に不向き
中古販売が可能

即現金化が可能

即現金化が可能
管理遠隔監視システム
メンテナンス会社による管理
自己による管理なし
自己管理、
又は管理会社への委託
自己管理自己管理

太陽光発電投資はどの投資案件よりも収益が安定している

太陽光投資の一番の良さは「収益が安定している」ことです。
株やFXは大きなリターンを見込むことができる代わりに、元本割れなどの大きなリスクも伴います。また、不動産投資と比較した場合も空室リスクや店子・テナントの逃げ出し、競合との価格競争による収益性低下の可能性などがあります。

太陽光発電投資の場合は、太陽光発電した電力を20年間、固定の金額で電力会社が毎月買い取ってくれます。これは『固定価格買取制度』という国の法律で決まっています。売電単価は20年間変動しないため、ほぼシミュレーション通りの収益をあげることが可能です。土地付き太陽光は利回り10%前後の物件が出回っている事が多いので、例えば『2,000万円を初期投資すると、20年後には2倍の4,000万円になって返ってくる』と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

自然災害などで被害を被った場合は保険でカバー

台風や突風、盗難や雪害などで機器が破損した場合、保険でカバーする事が可能です。保険を適用するには太陽光発電所を購入する際に、事前に加入しておく必要があります。保険料ですが、2000万円前後の太陽光発電であれば、相場で年間3万円~5万円で済む事が多いです。また、数年前に、設備が故障して売電がストップした際も、本来売電したであろう売電金額を保険でカバーできるといったような商品(売電補償)がリリースされています。自然災害と売電補償に加入しておけば安心できますね。

グリーン投資減税による一括償却(税制優遇)

※グリーン投資減税による一括償却は、平成27年3月31日をもって終了いたしました。2017年度は中小企業等経営強化法で固定資産税(償却資産税)を1/2にする事が可能です。詳細はこちら⇒2017年3月以降は『中小企業等経営強化法』で固定資産税(償却資産税)の節税が可能?!

最大のメリットはグリーン投資減税による一括償却を利用できることです。

「グリーン投資減税」のメリットはいくつかあるのだが、特に大きな影響を与えているのが、「即時(一括)償却」制度である。これは、法人又は個人(青色申告をしている者)を対象に、太陽光発電などの設備の取得価額の全額を、即時一括して償却できる特別措置である。2015年3月31日までの期間内に設備を取得して、その日から1年以内に事業の用に供することが条件である。

例えば、「50kW型」の太陽光発電を1700万円(本体のみ、土地代、保守費用などは含まず)で取得した個人について考えてみる。もし、その人の課税所得が1700万円だったとすると、本来なら所得税は約400万円になる。地方税がその半分の200万円とすれば、合計税額は600万円。そういう個人投資家が、1700万円を即時償却すれば、課税所得はゼロとなり、税金もゼロになる。

具体的には、600万円程度が税金の還付という形で戻ってくるのだから非常に魅力的な話だ。

出典:環境ビジネスオンライン グリーン投資減税、50kW未満もOK

課税所得と同じ金額の太陽光発電を設置して即時償却した場合、多くの税金が返ってきます。他の投資案件と比較して、これほど大きな税制優遇制度はありません。

グリーン投資減税の期限は平成28年3月31日までですが、一括償却のみ平成27年3月31日までとなっています。期間内に設備を設置して一年以内に発電する必要があります。

分譲型は土地がセットになっているため、準備期間は短くてすみますが、確実に一括償却を活用したい場合は、遅くとも2014年内中に購入物件を確定しておきましょう。

流動性はFX、株と比較して良くないが…

購入後の土地付き太陽光発電はFX、株と比較してすぐの現金化は難しいです。現金化には最短でも1ヵ月はかかると思っておいた方がいいかもしれません。ただ、中古太陽光発電(すでに発電を開始している太陽光発電)の需要は非常にあります。なぜなら、実際の発電量および売電収入がデータとして残っているため、投資する側の収支シミュレーションが立てやすいからです。実際に、当サイト『メガ発』で中古太陽光発電がマッチングに至ったケースも複数あります。太陽光発電所を保有しても、出口に困ることは無さそうです。

管理は遠隔監視システムを設置し、メンテナンス会社に依頼するだけ

太陽光発電所に遠隔監視を設置すれば、どのくらい発電したかをパソコンやスマホで閲覧する事が可能です。毎日がワクワクすることでしょう。また、設置した遠隔監視のデータをメンテナンス会社にも共有しておくことで、異常時に駆け付けや点検を行ってくれます。メンテナンス費用の相場は、一般的な発電所ですと年間15万円程度です。年間売電収入が200万円あれば、メンテナンス代は10%未満で済むので、さほど痛手になりません。

不動産と比較して空室リスクがない

最初の表にはありませんが、太陽光投資には不動産投資と比較して空室リスクが存在しません。太陽光パネルに太陽の光さえ当たっていれば、マンションに入居した方から毎月家賃が振り込まれるように、電力会社から売電収入が毎月振り込まれます。太陽光は地域や立地によって、発電量が異なります。発電量が変われば、売電収入に直結してきます。これは、不動産投資でいう『立地が良ければ家賃収入もたくさん入る』のと同じものだと覚えておくといいかもしれません。太陽光投資で失敗しないためにはまず『発電所の周囲に影になりそうな遮蔽物はないか』をしっかり確認しましょう。

【まとめ】太陽光発電投資は堅実に資産を増やしたい方におススメ

太陽光発電投資はFXや株と比較して、レバレッジを効かせて大金を稼ぐか大損するかといったものではないので、堅実な投資を目指されている方におススメの商品です。また、一般的な不動産投資と比較しても利回りが高いのも魅力です。

ただ、太陽光投資はここ数年で急激に伸びた市場です。工事不良や詐欺が横行し、痛い目にあった方がいらっしゃるのも事実です。しかし、太陽光発電投資で成功を収めた人もたくさんいます。

以下のサイトでは、実際に太陽光に投資した方のコラムをご確認いただけます。これから投資をお考えになられている方はぜひ参考にして下さい。
投資家の投資家による投資家のためのサイト メガ発通信

メガ発では対面でのセミナー&相談会、販売会なども定期的に開催しています。
最新の情報⇒太陽光発電投資セミナー情報

最新の投資物件を日々更新中!
投資物件情報⇒現在販売中の物件

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄