太陽光発電をしないことでデメリットあるのか? - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

太陽光発電をしないことでデメリットあるのか?

世間では、再生可能エネルギーが注目を集めてきています。『ご近所の家が太陽光パネル設置している』、『近くに野立ての太陽光発電設備ができた』と感じている人も多くなっています。もしくは、既に売電開始をして収益を得ているなんて人もいると思います。それほどまでに急速にエコエネルギーの導入率が増加しています。特に個人から始めることのできる太陽光発電システムは、多くの方が検討しているのではないでしょうか。

では、太陽光発電システムを導入しないことでデメリットはあるのでしょうか。結論から言うとデメリットはあります。デメリットをわかりやすく説明するためにメリットとあわせて見ていきましょう。

太陽光発電の大きなメリット

太陽光発電を導入する大きなメリットとして、電力の買取額にあります。みなさんがご家庭で使っている電気は、プランにもよりますが電力会社から1kWhあたり平均で20円前後で購入しています。

しかし、太陽光発電システムで作った電気を電力会社が買取る値段は、1kw34.56円~43.2円で売電することができます。(売電額は設備認定の取得年度で異なる)

つまり、電力会社から電気を買う値段よりも電力会社に電気を売る値段が高いということになります。これを10kW未満は10年間、10kW以上であれば20年間、電力会社買い取ることが決まっています。これが太陽光発電システムが普及した大きな要因です。

再エネ発電賦課金

上記から電力会社が電気を買い取る値段と売電する値段に差額が生じていることが分かると思います。この差額の費用は電気を売電している、していない関係なく、国民全体から再エネ発電賦課金という形で徴収しています。昨年度の東京電力管轄の標準家庭では、月101円程度でしたが今年度からは217円と2倍以上に増加しています。

日本より先に固定価格買取制度を導入したドイツでは、総発電量のうち再生可能エネルギーの占める割合は23%あり、再エネ発電賦課金は年々上昇しています。いまでは、標準世帯の年間の賦課金は3万円前後まで増加しています。

日本の賦課金もまだまだ上昇すると予測されており、太陽光発電を導入している人は売電収入でまかなう事が出来ますが、導入していない人にとっては負担額が単純に増えるということです。

導入を検討するなら

もし後々、住宅・産業用を投資・節約用に導入することが視野にいれて検討しているなら、早めの導入をオススメします。住宅用にしても産業用にしても年々売電額が下がっています。売電額が高い方がそれだけメリットが大きくなります。

産業用に関しても今年度の買取価格は34.56円(税込)ですが、投資用として注目度が高い土地付き太陽光発電システムであれば、買取価格が38.88円(税込)の案件もあります。検討しているかたは、お気軽にお問い合わせください。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄